ニート・フリーター、無職からの正社員体験者 REAL VOICE 体験者のインタビュー

会計事務所

中小企業を対象に、M&A総合支援、経営財務コンサルティング、
株式上場支援、人材提供業務などの経営支援を行う会計事務所です。

挑戦しなければ、何もはじまらない。
実習体験者 Tさん
実習体験者 Tさん 浪人生活を経て入学した大学を中退。以降、ホテルでの配膳アルバイトに専念していた。バイトリーダーとして充実した日々を送っていたが、将来のことを真剣に考えた末、別の道で正社員を目指すことに。この事業に参加してからは合同企業説明会や実習でも積極的に質問し、その想いや姿勢が前向きなものへと変化していったという。そして事業に参加して2ヶ月後、晴れて正社員の内定を手にするに至った。
企業担当者 堀さん
企業担当者 堀さん M&Aの支援を中心に、中小企業の経営をサポートする会計事務所。若者の採用を考えていたとき、この事業の存在を知る。当初は中途採用も視野に入れて採用活動を行っていたが、事業に参加している若者の熱意に確かな可能性を感じ、社会人経験の少ない若者を採用することを決意した。

実習体験者

フリーターになってしまった理由は?
高校を卒業してから1年、浪人生活を送っていたんです。そして翌春、志望校に無事合格することができました。ここまではよかったんですが、いつしか大学で勉強する意味を見いだせなくなっていて…大学2年を迎えた春、そのまま中退してしまいました。中退した理由のもうひとつに、当時働いていたホテルの配膳アルバイトの方が楽しくなったことも関係しています。ここで働いていると、自分らしくいられたんです。実際、業務を覚えるのも早かったですし、気付いたらバイトリーダーになって、後輩スタッフへ指示する立場になっていました。
正社員を目指すことになったきっかけは?
ある日、20代半ばの先輩スタッフとご飯に行くことになったんです。その先輩は私より仕事ができたので、そのまま社員になるんだろうなと思っていたのですが、正社員に昇格する話も一切なく給料も大きく変わらないと聞いて、焦りを感じました。数年先、数十年先のことを考えてみたら、ここじゃないのかと。働きがいを見失ってしまったら、あとはやる気がなくなっていく一方で。結局、そのまま退職してしまいました。
そこで僕の中に芽生えたのが、正社員を目指すという道だったんです。「次に働くところでは、責任をもって仕事に取り組みたい。そのためには正社員になるしかない」と。そんなときにこの事業のことを知りました。「これしかない!」と思い、早速門を叩いてみたんです。
この企業を志望した理由は?
この事業に参加した当初は「手に職をつけたい」と考え、エンジニアを志望していました。でも、デスクのパソコンに向かって黙々と作業するのは、私には合わないんじゃないかと思って。そして合同企業説明会に参加したとき、この会計事務所に出会ったんです。聞き慣れない専門用語に最初は戸惑いましたね。でも、わからないままでは悔しかったので、実習時には積極的に質問し、吸収していく姿勢を崩さないよう心がけました。そうしたら、今までわからなかったことがどんどん頭に入っていったんです。実習が終わるころには、この分野を追求していくことが楽しくなっていって。この気持ちがそのまま、志望の動機へと繋がっていきました。
入社した現在は、毎朝しっかり経済ニュースを見るようにしています。企業合併のニュースは特に細かくチェックしますね。この変化には、一緒に暮らしている父も驚いていました。「ようやく社会人らしくなったな」と褒められたときは、とても嬉しかったですね。
本音のメッセージ
仕事に何を見出すかを考えることは、とても大切なことだと思いました。本当にやりたいことを自問自答してみるんです。私の場合、仕事の中にやりがいを見出して燃えるタイプだったので、「自分が納得できて、周囲から認めてもらえる仕事」を求めて、この事業にチャレンジしました。これからの目標は、上司や先輩から「Tさんじゃなきゃ」と思ってもらえるよう一生懸命、仕事に励むことです。
私もそうでしたが、考えているだけでは、何もはじまらないと思います。まずはこの事業に参加するというアクションを起こしましょう。きっと、今までになかった新しい出会いが待っていますよ!

企業担当者

この事業に参加し、採用を決定してみてどうでしたか?
最初は「業界未経験者でいいのか」「やる気のある若者と出会えるのか」といった不安を抱きながら参加しました。そこで、いい意味で予想を裏切ってくれたのが、Tさんだったんです。会計や経営の分野に関する知識がないことは承知していましたが、向上心があって、実習中もどんどん吸収していくんです。この素直さと貪欲さがあれば、将来頼れる人材に成長してくれるはず。そう思って、採用を決定しました。
働きはじめた今も、その意欲は衰えることなく、積極的に仕事に取り組んでくれていますね。営業に同行してもらった際も社会人としてのコミュニケーションスキルをしっかり発揮してくれています。業界経験が少なくても、意欲があればキャリアのギャップは埋められる。そんな彼の姿勢に刺激を受けました。
この事業の魅力は何でしたか?
私たちの会社は業務内容が少し複雑なこともあって、業界に対する情報や知識がある方のほうがマッチすると思っていたんです。
この事業の魅力は、合同企業説明会から実習といった流れがあること。合同企業説明会で事業内容を説明して理解した上で、実習に参加してくれる。このフローがあることで、実習中も入社後もミスマッチがなくなると考えていました。
Tさんは実習中にたくさん吸収してくれたこともあって、入社後もすぐに実務へ参加させることができたんです。まさに思い描いていた通りの採用になりました。
本音のメッセージ
合同企業説明会では、さまざまな企業にお話を聞くことができます。自分のやりたいことが見つからなかったり、向き不向きがわからなかったり、いろいろと考えることは多いでしょう。でも、事業を通じてたくさんのことを学べば、きっと道が開けていくと思います。
未就職状況になった経緯は人それぞれあると思います。まずは臆せずに、そのスタートを切ってみてください。大切なのは、成長しようという気持ちを持ち続けることです。人は変われます。本気で自分と向き合いながら、納得のいく就職活動をしてくださいね。
パーソルキャリア株式会社 -担当者よりひと言-
実習については、いつも積極的に実習に臨んでおり、終始明るく周りを巻込む力をもっていました。全く未経験からの実習ではありましたが、この企業で働く為に必要な資格を彼なりにピックアップし、資格の取得計画も考えていました。初回の定期面談から入社の意志が固く、自分なりに入社した際のキャリアパスも描いていました。他方、地道で細かい作業が苦手な面がありました。それこそがこの仕事の土台だと伝えると彼なりにモチベーションを上げ、工夫して実習に取り組んでいました。また、他人のアドバイスにも真摯に耳を傾ける姿勢が企業に評価されたのかなと思っています。今後も傾聴力を養いながら、M&Aに取り組んでほしいと思います。今後の活躍を期待しています。

Web登録

ご登録後、担当者からお電話にてご連絡をさせていただきます。
みなさんにお会いできることを、楽しみにしています。