ニート・フリーター、無職からの正社員体験者 REAL VOICE 体験者のインタビュー

物流・貿易関連会社

貿易に必要な書類の作成や配達、輸出入の手続き、
貿易事務を代行するお仕事です。

大卒フリーターからの正社員就職活動体験記
実習体験者 Kさん
実習体験者 Mさん 大学卒業後はマスコミ系の仕事を志望していたが、内定がもらえずフリーター状態に。その後はアルバイトを転々としながらも、細々と就職活動を続けていた。働く友人の姿を見て感じる、焦りと不安。タイミングよくこの事業を知り、思い切ってチャレンジ。結果、1回目の実習先の企業に魅力を感じ、応募へ。以降、正社員として日々熱心に働いている。
企業担当者 森さん
企業担当者 椎野さん 貿易書類の作成や配送、輸出入に必要な手続きを代理で行う貿易代行企業の人事担当。以前は求人広告を使い人材募集を行っていたが、採用活動に苦労していた。そんなときにこの事業と出会い、参加することに。書類だけでは判断できない個性がわかる実習制度に魅力を感じているとのこと。現在も実習生を受け入れ、意欲ある若者を積極的に採用している。

実習体験者

フリーターになってしまった理由は?
大学卒業時にはマスコミ系の企業を狙って就職活動をしていたんです。ただ、何社受けても、書類選考で落選してしまって…結局、最後まで一度も面接に辿りつけず、卒業式を迎えることになりました。
その後はフリーターとしてアルバイトを転々としながら、継続して就職活動をしていたんですが、次第にやる気も右肩下がり。「就職すれば?」と周囲の人から言われるのが、逆にプレッシャーで。「どうしたらいいんだろう…」と悩む日々が、大学卒業から約4年間も続きました。
フリーター・求職者時代はどんな苦労がありましたか?
フリーターとして働きながらも、就職活動は続けていたんですが、この就職活動がキツかったですね。履歴書に記載する項目のほとんどは、出身校や所得資格などの経歴。実際に会って話せば伝わることなのに、書類数枚をベースに判断されてしまう。こんな就職活動の仕組みに違和感を覚えていました。
アルバイトをしていても、ただ給料のために働いているだけというか。特に背負うものもなく、ただ毎日過ごしていたんです。正社員として働いている友だちと会っても、仕事の話についていけなくて…このままでいいのかな、という疑問を常に抱いていましたね。
この事業を利用してみて、どうでしたか?
この事業を知ったとき、パッと目に飛び込んできたのが、実習制度。経歴などの書類ベースではなく、実務ベースで評価をしてもらえる。ネックに思っていたハードルが一気になくなって、一目散に応募したのを覚えています。
実習先に選んだのも、以前から興味を持っていた貿易関係の企業。実際に行ってみると、はじめて見る、使うような用語や書類がたくさんあって、期間中はずっとワクワクしてしまいましたね。
本音のメッセージ
入社してから日は浅いですが、日頃から為替や株価をチェックしたり、街中を走っているトラックのコンテナに目が行ったり、会話にも仕事の話が増えていったり。これをきっと、「職業病」って言うんですよね。
自分の視野がこんなにも広くなるなんて、フリーターの頃は想像できなかったです。思い切って申し込んでみて、本当に良かった。書類選考で悩んでいる方がいれば、絶対におすすめします。ぜひ一緒にお仕事しましょう!

企業担当者

この事業に参加し、採用を決定してみてどうでしたか?
面接だけの短時間では、その人の働きぶりや個性などは判断できないと以前から思っていたんですよね。私たちにとっても、ニートやフリーターの方にとっても、「相手がどんな色を持っているのか」がわからないと、その後も上手くいかないんですよね。
この事業に参加するメリットは、実習制度なのかなと。実際に働いている姿を基準に選考できるので、入社後のミスマッチは少なくなりましたね。Mさん以外にも何名か、実習を経て採用していますが、みんなメキメキと成長していますよ。
中途採用者と実習採用者の違いは何ですか?
中途採用者は即戦力として頼りになります。ただ、型にハマりすぎて、私たちの職場にマッチできない人もチラホラ。柔軟性を持って取り組んでもらえたらな、と思うことも多々ありますね。
その点、社会人経験の少ない若者は、何にしても素直。わからないことがあればすぐに質問してくれますし、キラキラした眼差しで仕事に取り組んでくれます。すぐに仕事ができるようになれとは言いません。徐々にできることを増やしていく。その姿勢を忘れないでほしいですね。
本音のメッセージ
この事業に申し込もうと思っているみなさんには、正社員として働く素養が必ずあります。今は、向上心のスイッチがオフになっているだけ。そのスイッチを探すサポートは、私たち企業側に任せてください。応援したい気持ちがあるから参加しているのですから安心してください。
自分のデスクがあって、仕事があって、同じ志を持った人がいる。そんな環境が待っています。まずは大きな一歩を踏み出しましょう。
この機会にぜひ、ご参加ください。
パーソルキャリア株式会社 -担当者よりひと言-
はじめてお会いしたときの印象は、どちらかと言えば物静かなタイプ。そこから事前セミナー、合同企業説明会、実習を経て、数ヶ月間でガラリと顔つきが変わりました。大卒ながらフリーターになってしまった悔しい思いが、彼をさらに強くさせたのではないでしょうか。正社員として定期訪問面談の際には、「積極的に質問したり、会話をしないともったいないと思った」と話してくれて、日々成長していった姿が印象的でした。

Web登録

ご登録後、担当者からお電話にてご連絡をさせていただきます。
みなさんにお会いできることを、楽しみにしています。